GI056 のすべての投稿

こまめな水分補給でデトックス!!

私たちは、毎日汗をかいたりトイレに行ったりして、知らず知らずのうちに体内の水分を排出しています。
体内の水分が排出されたまま足りなくなると、脱水症状になるのはもちろん、全身の循環が正常に働かなくなってしまいます。
そのため、私はこまめに水分補給をすることを心がけています。
必要な水分をしっかり摂取することは、健康にも美容にもとても良いことがあります。

まず、体の循環が良くなるので、老廃物をきちんと排出することができます。むくみを予防するのはもちろん、消化器系の働きにも作用するので、便秘改善にも繋がります。

むくみや便秘以外にも、腎臓の働きにも作用します。腎臓は体内の毒素を排出する役割がありますが、その排出には水分が不可欠なのです。

また、水分不足の乾燥によって免疫が下がり、風邪を引きやすくなってしまいます。冬場は乾燥しているので、特に注意が必要です。
体内だけでなく、皮膚も乾燥すると肌荒れや湿疹、皮膚炎などのトラブルを引き起こします。

こまめに水分を摂取して体内の水分量を保つことは、健康にも美容にも良いことがたくさんあるのです。

糖尿病予防の為に食事の時は野菜から

母が糖尿病なので、私もなりやすいのではないかと心配です。だから食事の時の食べる順番には気をつけています。
ご飯やパンなど糖質が多い物を最初に食べると血中の糖の量が急激に増えるので、糖尿病になるリスクが高くなるそうです。動脈硬化も進行しやすいのだとか。
最初にキノコや海藻など糖質が少なくて食物繊維が多い物を食べておくと、後から糖質が多い物を食べても血糖値の急上昇を防げるそうです。
以前は食事の時にはまずビールを口にしたり、ラーメンを食べる時も麺から食べていたのですが、最近は糖質が少なく食物繊維の多いものをまず探して食べるようにしています。
気をつけないといけないのが野菜でも糖質が多く含まれているものがあること。ご飯などに比べると食物繊維があるから血糖値はそんなに上がらないとは思うのですが、やっぱりキノコなどから食べた方が良いのではないかと思っています。野菜の後にタンパク質を口にすると尚良いそうです。
こういう食べ方は糖尿病予防になるだけではなくダイエットにも良いそうなのですが、残念ながらまだ結果がでていません。

8時間以上寝るようにしています

私は毎日、体のために8時間以上寝るようにしています。
8時間以上と言っても、長すぎても良くありませんので8時間30分程度までと決めています。
以前は「短時間睡眠」に興味がありました。
例えば3時間の睡眠で済めば、睡眠時間以外の時間が21時間もあります。
仕事以外の時間がたくさんできて、資格取得の勉強もできますし、遊びに行くこともできます。
趣味の読書や、映画鑑賞も思いきりできると思いました。
しかし短時間睡眠は、「ショートスリーパー」と呼ばれる、生まれつき短時間の睡眠で大丈夫な人以外は、健康のため避けたほうが良いようです。
私は長い睡眠が必要な「ロングスリーパー」だと過去の経験で気が付きました。
日記を読み返すと、6時間未満の睡眠時間の日は体調が悪く、仕事でのミスが多いように感じました。
8時間睡眠ができた日は、日記の内容も明るく、幸せそうだったのです。
8時間しっかり寝て、残りの16時間を充実させることが、私にとって良いことだと今は思っています。

毎朝スムージーを飲むと体に良い

私は毎朝スムージーを飲んでいます。小松菜やリンゴなどを混ぜ合わせたもので、すごく美味しいので続けられています。スムージーはとにかく美容に良いので人気が高いですが、腸内環境も整えてくれる優れものです。野菜もしっかりとれるので、日ごろから野菜を食べるという習慣がないひとにはとてもありがたいものだと思います。私も野菜は食べるのが苦手で、いつもサラダなどは食べていませんでした。このままではだめだと思い始めたのがスムージーでした。まさかこんなにもおいしいなんて知らなかったので、サラダを食べれない代わりに、グリーンスムージーなどを毎朝必ず飲むようにしています。今では自分で野菜を買ってこなくても、粉末状になって販売されているものもあるので、忙しい朝や時間がないひとにとってはオススメです。手軽に無理せず続けられるスムージーは全体を通してみても体に良い飲み物だと思います。まずは続けることを意識してやってみることが大切ですね。

夫が糖尿病で食事作りをがんばってます

夫が糖尿病で、食事作りをがんばっています。
特別なものは、食べていなくて普段の食事で野菜をおおくとっています。
もやしとにら炒め、きのこの蒸し物、ささみの炒め物などです。
お肉で脂分が多い食品は、避けていたらこれが普通になりました。
スイーツもほとんど食べてなくて、お菓子はレーズンです。
私も、ウエストが10センチマイナスです。

夫は、便秘にもなっていましたがゼリーを食べるようになって解消しました。
寒天がはいっているからでしょうか。
テレビで見た、菊芋パウダーも買いました。
血糖値を下げるのに、効果があるようです。
ヨーグルトに入れて食べます。

毎回しんどいこともありますが、現在在宅勤務なのでできています。
きっと外に働きに行っていたら、しんどくて食事が手抜きになると思います。
50代からは、在宅勤務というのもひとつの働き方です。
パソコンを使って仕事なので、運動不足になるのが欠点ですがときどき
ストレッチやウォーキングをすればいいと思います。

PR|遠赤外線マットで体質改善するエステ口コミ|

できる限り旬の野菜を食べるようにしています

あまり野菜が好きではない家族なため、食卓にあまり野菜がたくさん並ぶことがありません。しかし、野菜をとることの大切さを子供たちにも知ってもらいため、毎食、最低でも1−2品の野菜料理をできる限り出すようにしています。その野菜は、その時期の旬のものを取り入れるようにしています。なぜ、旬の野菜が、大切かを子供たちに教えたいこともありますが、旬の野菜は、その時期に食べることで、健康を保つことができると言われているからです。冬の野菜は、体を温める効果があり、夏の野菜は、体を冷やす作用があることが多く、その時期に本当にあっている旬の野菜は、健康を保つためにはとても大事だと思います。冬は、寒い日が続くので、体を温めるためにも冬野菜をお鍋料理にし、体の中から温めています。洋服などを着て、外側ばかり温めがちな冬ですが、実は、体は内臓から温めることがとても大事です。内臓から温めることで、免疫力を上げて、風邪知らずの冬を過ごしています。

PR|骨盤矯正で50代のアンチエイジング|

一人になったときに女性は強い

配偶者にもしものことがあって、一人になったときに女性はとても強いようですね。
女性は友人と楽しくやったり、趣味に参加して心が健康な人が多いです。
体は年齢を重ねて悪いところができても、気持ちは元気です。
男性は、長い間会社で仕事をしていますが、地域のことはさっぱりという方が
多いのではないでしょうか。
ひきこもってしまう高齢者も、男性のほうが多いです。
また、役職の方でいつまでも現役時代と同じだと思っている方は
まわりにうまく溶け込めません。
社会性があるようで、ひとりになったら困るのが男性です。
解決策もいろいろあって、現在snsに積極的に参加する人も多いようです。
パソコンを使って少しでも、コミュニケーションができれば生活も変わってきます。
パソコンなら、男性のほうが詳しいという方も多いです。
ネットを使って、仕事やボランティアに参加して社会とつながっていることを
考えるのが一番だと思います。
やるきがあれば、協力者はたくさんいます。

PR|なぜモテる男性はエステで背中シェービングするのか|

健康になりたければ脚を鍛えよう

病気にかかってしまうと健康な時がとても幸せな事だと実感するかと思いますが、やはり健康を維持するためには日頃運動を定期的にする必要があると私は思います。

年をとるにつれて関節がすり減って痛んできたり、筋肉が衰えて歩けなくなったりと、それをきっかけに病気になってしまう人が多数います。
その現状を打破するためにはやはり脚を鍛える事が大事です。
脚は第二の心臓と呼ばれることがありますが、脚を使わないでいると血液の流れが悪くなるのと同時に血液を送り出す力も弱くなってきてしまうので、全身に栄養がいかず健康を維持することができなくなります。

普段から脚を使うことを意識するだけで、運動をする暇がない人でも多く使えるようになります。

例えばエレベーターやエスカレーターがあるかと思いますが、それを使わずに階段で上り下りする、これだけでも脚を鍛える事になります。

私が実践している健康法は、ふとしたときにスクワットやかかと上げをする習慣づけをしていることです。

お風呂上がりの髪を乾かしている時、歯磨きをしている時、階段を上っている最中、ふと気付いた時に鍛えるようにすることで、生活の中で脚を鍛える事を可能にしています。

めんどくさいという人でも少し工夫すれば一つのことをやりながら脚を鍛える事ができます。
ぜひ実践してみてください。

PR|本当のくびれ腸セラピーができるサロン|

冬季が快適に!感動のプロポリス・スプレー

30代後半の女性です。免疫力の低さ、さらに加齢によるその衰えを、近年特に感じ続けてきました。冬場ともなれば、もう春になるまでずっとのどや鼻に痛み・いがらっぽさを抱え続け、小さな炎症をしょっちゅう起こしました。風邪を引けば中耳炎や副鼻腔炎への移行が当たり前。そしてようやく春になったら、今度は花粉症という始末です。

ところが今年は全く勝手が違います。ある時、友人と食事をしたレストランでたまたま東欧の雑貨類を売っており、その中にプロポリススプレーがありました。店の人に話を聞くと、プロポリスには抗菌・抗炎症・抗ウイルスといった作用があり、私のような冬場のトラブル・花粉症に効果があるというので、試しに一本買ってみました。

その噴射たるや…すさまじいまずさです。蜜蜂の産物と聞いて、はちみつのようなものを期待した私が浅はかだったのですが、とにかく涙が出るような強烈な刺激。ですがその刺激が喉を通り過ぎると、何だかすっとしたような印象がありました。

寒気が続いても、例年のように喉や鼻孔を傷めることが全くありません。咳も出ず、風邪も引きません。朝起きた時に喉がカラカラということすらなく、改めてプロポリスの健康効果に感動しています。このまま使い続けたら、春の花粉症も改善するのではないか、と大いに期待しています。

PR|なぜできるオトコはアンチエイジングのためにエステに行くのか|

おすすめ!スムーズな睡眠導入の秘技

健康生活の基本は、バランスのとれた食生活や適度な運動ですが、これに加えて十分な睡眠をとることが欠かせないと思います。

私は子どもの頃から寝つきが悪く、また眠れたとしても浅くて時々目が覚めてしまうことがよくあります。寝不足が少し続くと、すぐに体調に影響してくるので何とかしたい、と色々な睡眠導入方法を試しています。

最近のおすすめは「外国語の本を読む」というものです。私は読書が好きで、日本語であれば興奮してどんどんページを繰ってしまいますので、睡眠間近には避けてきました。ですが、ある時たまたま外国語のテキストを読んでいる最中、ふっ…と意識が切れたことがあったのです。

私は英語とフランス語ができますが、どちらもネイティブレベルではありません。日中、ものすごく面白い本であれば読めるのですが、心身が疲れた夜間に英文・仏文テキストを前にしても、集中できずにアルファベットの羅列が目に入って来るだけです。つまり、無意識のうちに「つまんない、寝よう…」と身体がオフ状態に向くのでは?と考えたのです。

現在、1か月ほど睡眠前に仏文を読むことにしていますが、かなりの確率でスムーズに眠ることができます。変わった方法ですが、不眠に悩む方にはおすすめです。ぜひともつまらないテキストを選んでトライしてください!